So-net無料ブログ作成
検索選択

ついに、「乱歩の恋文」第一稿書き上がりました!! [てがみ座「乱歩の恋文」]

こんばんは。ああ、なんて間があいているのかしら…
前に書いたのはピースリーディングの時だ。本当にごめんなさい……
呆れて誰もチェックしてくれないんじゃないかと思うけど
地味に書きます、うわぁん。

周囲の方はご存じなんですが、
どうにもね、原稿を書き始めるとそれ以外の文章が書けなくなっちゃって。

夏はどっぷりと、原稿に向かい合っていました。
てがみ座、11月公演「乱歩の恋文」。
11/3~10@王子小劇場

ついに、ついに第一稿が書き上がりました!
ばんざーい!!

ほんとうに、ほんっっとうに大変だったのです。
これまでで一番大変な原稿でした。
でも、
今の私の持てる力を、全部注ぎ込むことができました。
ほんとうに全て。

新境地をひらくものになるのではないかと
……たったひとり、書き上がった今、思っています。
というか寝不足すぎてナチュラルハイだけだったりして。
稽古開始が9月13日からなので、
今夜・明日くらいはちゃんと寝て、突き放して見て、
稽古場には第二稿を出したい!!

本当に、第一稿を書き上げられた、という今この場所に来たことさえ、
少し前までは考えられなかったこと。
それほど、八月はずっと原稿に向かってました。

DSCN1465.jpg

これは、江戸川乱歩ご愛用の万年筆。

乱歩さん、本名 平井太郎さんとその妻 隆子の物語を書こうと思い立ったのは、たぶん去年。
ある情景が浮かんだから。
その先の景色をもう少し見てみたいな、と。
具体的な資料収集や調査は、春先から。
5月の終りには、ひとりで、取材の旅にも出ているんだ。
途中に、大きな舞台「青ひげ公の城」や
「ピースリーディング 井上ひさし 平和への祈り」を挟んだけれど
その間も調査はずっと継続していて。

すでに、知識も景色も背景も、全部自分の中にあるはずなのに
『どうして「てがみ座」で乱歩をやるのか』、
その眼差しに到達するまでに時間が掛ったような気がします。

乱歩といえば、その作品のどれもが鮮烈で、汲み上げようとも尽きない泉のよう。
怪奇にも耽美にも向かうことができるし、
作品をモティーフとした舞台も映画もこれまでにもたくさんある。

だからこそ、それとは別の観点から自分が何を面白いと思ったのか、
どこの眼差しに立つのかをはっきりさせて、
ブレずに、潔くなれる強さを培うことが、
今回の「書く」というプロセスだったような気がするんだ。

そうなれているのかどうかは、
たぶん、一度突き放してからやっとわかることかもしれない。


すごく……
すごく苦しかったけれど
でも、とても面白いと思う。のです。自分としては。

大正~昭和9年までを舞台として書いたので、
全然、現代口語演劇じゃないんだけど、
そこがまた合っている気がします。

いちばん楽しかったのは、思う存分、言葉を書けたこと。
時代と作家性がある作品だったので
遠慮しないで済んだんだ。

とてもとても楽しいです。
これまでに書いたことがなかったもの。
書くことでしか、見えなかったものが、今ここにあるんだ。


まずは演出の扇田さんに、そしてキャストのみなさんに
読んでもらう。
愛しい作品になりそうですー!

先週は、苦しさのドン底にいて、
最後の山に差しかかる前、ぱたっと詰まって、書いては捨ててを繰り返してた。
考えすぎてふつうに生活してても吐き気がするし、頭痛はするし。

でも、8月28日に利賀村に行ったその夜に、すこし動きだしたんだ。
28日→29日の利賀村一泊が私の夏休み
ディオニュソス、新 帰ってきた日本、シラノ・ド・ベルジュラック、
初めての利賀村。SCOT体験。
ものすごくきれいな月の虹彩と星座を見ながら、何かがほどけだしたんだ。
「私の到達点」が見つかった気がしたんだ。

なんか私、主宰をつとめてるくせに
作家モードの時はずいぶんと弱気で、
(なんせカプセルみたいな心境で書いているから)
稽古が始まる前に、こんなこと言ったことはないんだけれど、
きっとすごく、面白くなると思います!

力を尽くしたんだ。
そう言えるの。
だから、後は、作家としては安心して稽古場に渡せる。
演出の扇田さん×西田夏奈子さん×元SCOTの岡野暢さん×桟敷童子の稲葉能敬さん。
どんな化学反応が起こるか、楽しみ!

原稿がちゃんと書き終わったら、取材記をここに書こう!
ものすごい幸運に恵まれて、ゆかりの人々に出会えたんだ。
ネタばれにもなるから加減しなきゃいけないけど、
書きたい景色があるのです。

きつかったけど、
第一稿、書き上げることができました。
愛しいです、とても。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 2

齊藤 ポニョ タク

おめでとうございます!

書きあがったんですね♪

ホントに毎回毎回、新しい作品を産み出すのは大変ですねー。

メールでお願いしていましたが、早割りでさっき申し込んじゃったけど、大丈夫ですか?よろしければ、早速、送金させていただきます。

舞台、楽しみにしております。

そうそう、ブログがあるのに今、気づいたので、これから読ませていただきますねー。
お元気で☆
by 齊藤 ポニョ タク (2010-09-09 01:00) 

ぢゅんぢゅん

お疲れさま~
なんか文を読んでて充実感が伝わってきますo(^-^)o
今回の作品も楽しみにしてま~すo(^-^)o
…が、いつものことながら育恵さんの健康状態が非常に心配です(^_^;)。
とりあえずはゆっくりと体を休める時間も作ってくださいネ♪

by ぢゅんぢゅん (2010-09-10 01:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。