So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年、ありがとうございました [日々雑感]

久しぶりのブログです。2016年もまもなく終わりますね。
本年も沢山の皆さまに、私自身、そして「てがみ座」を支えていただきました。
本当にありがとうございました!

2016年は、私にとって、自分の地面を確認しながら更に大きく踏み出していく、
そんな一年でした。
舞台の新作は三本。

てがみ座 3月『対岸の永遠』では、シアター風姿花伝のプロミシング・カンパニーに選出され、1ヶ月間のロングラン公演をいたしました。

image2.jpg

image1.jpg

同じく、てがみ座 11月『燦々』は、座・高円寺での上演のほか、出石の永楽館にて、永楽館バージョンでも上演しました。

2016-11-16 12.08.07.jpg

2016-11-16 12.09.13.jpg

そして劇団民藝さんに書き下ろしました12月 三越劇場『SOETSUー韓(から)くにの白き太陽ー』。
5月には、演出を担当される丹野郁弓さん、制作の金本和明さんと初めての韓国取材へ。

CSC_0371.jpg

今年執筆した三作品は、私にとって、大きな意味のある作品となりました。
挑戦したからこそ感じられる痛みも喜び。
ささやかでも確かに掴み取ったもの。
仰ぎ見た遙かな頂き。
今の私の現在地を知り、新たな目標も生まれました。

なによりも、今年感じたことは、
これまで以上に、私自身が外の世界と繋がりはじめたということです。
劇場でお会いするお客様、
そして上演活動で関わりを持たせていただく地域や劇場、
その向こうにある土地や社会……、
繋がりあい、感じ取る中で、
私に出来ることがあるのではないか。
演劇の力で豊かに出来ることがあるのではないかと感じられた一年でした。

これからどんな作品を生み出していけるか。

一作毎に新鮮な挑戦を重ねながら、力を尽くせるように。


2016年、ご観劇くださいました皆さま、支えてくださった皆さま、
本当にありがとうございました!

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。