So-net無料ブログ作成
検索選択
ギター ブログトップ

ペンタトニックスケール [ギター]

っていうのをやっています、ここ最近。
久しぶりにギターの話。初心者ギターレッスン、まだまだ続行中です!

ペンタトニックスケールというのはね、いつものごとくうまく説明できないけど
ペンタゴンってあるやん?5角形。
同じく、1オクターブの範囲で、5つの音で構成されているスケールのこと。
今まりなっちから教わってるのはAmのペンタトニックスケールで、
構成音はACDEG。(ラ・ド・レ・ミ・ソ)
このスケールはギターのネックのいろんな場所でとれるのね。
(場所によって指のポジションは違ってくるんだけど)
そして、このスケールの構成音に入っているコードなら、なんでもバックになるんだ。
つまりどういうことかというと、
二人で「Amね」って打ち合わせしたら、ひとりはバック、ひとりはソロって
交替しながら弾いて遊べるわけです!
ソロは、低音から高音まで、
ネックの各ポジションでこのスケールに入ってる音を弾くなら
なんでも自由に弾いていいの。それこそ本当に自由。
いろんな曲のすごいフレーズも、超絶技巧もみんなここから生まれてる!!

でもねぇ……まだまだそんなのできんってー!!
まず、どこがどの音だったかを弾きながら思い出すので精一杯。
チョーキング、「左手でドアノブをクイっとひねる感じ」って。わからんってー!
私のソロの番がくると、まりなっちが
ほらほら、コードは弾いてるよ~♪さあ、どうぞ~!ってにやにやするですよ。
さあどうぞ、じゃないですよ(怒)!

でもね。まりなっちのソロは、ホントにカッコイイ。
ギターとずっと生きてきたひとからしたら、そのアイディアだってフレーズだって
もしかしたらもうデイリーユースなものもあるのかもしれないけど、
今の私には全部、驚きでいっぱい!かなり楽しいです!
私がもうちょっとうまくなったら、お互いにテンション高めあってもっともっと楽しくなるんよね。
なんていうか……今、初心者は初心者なんだけど、
徒歩からチョコボとかに乗れるようになって、ちょっと行動範囲が広がったぞ?
これまでと違う武器と魔法がまた少し手に入るようになったけど
ああでも本人の装備レベルが足りない!!みたいな感じ(笑)

そういう、まりなっちとの今日の主な話題トピックスは、
「ギター&ライブ」と「週3日しか働けない」、「恋」&「肉じゃがの作り方」。
そして「ヘドウィグ&アングリーインチ」日本版ライブのCDを借りてきました♪
果たして、まりなっちは明日の夜明けに向かって、無事に肉じゃが作れるのでしょうか。
人生初の試みらしいです。肉じゃが。
作ってる脇でにやにやして、ギターの仕返しがしたいよ(笑)

帰り道にジョージさんからメール。
なんだか、すごいサプライズがあるかも!!!
そういうわけで今夜は急遽、仕事してます!


add9(アドナイン) [ギター]

おはようございます!本当は昨日ブログ書いてたんだけど
サーバーのメンテナンスに引っかかってUPできず……
くやしいので、改めて今(笑)
昨日のにちょこっと書き足して。

今日はこれから仕事!やっと元気!
昨日は一日お休みだったんだけど、ほんっと死んでました(笑)
目が覚めても動けない位ぐったりしていて
どう回復したらいいのか本気でちょっと途方にくれてて。
そういう時って眠るにも体力が必要だし、
かといって……座ってることもできなくて。

疲れすぎてて〝動きたくない!何もしたくない!誰にも会いたくない!!〟って時、
そこから脱出するのには、人によって色々方法はあるよね。
今の私は、とにかくギター
億劫でも身体が重くてもなんでもいいから、とにかく手を伸ばすんだよ。
弦にちょっと触れるだけでいい。そしたら、どんな時でも最初の音は出るでしょう。
そのことに素直に安心して、指でなんとなく弾きはじめるんだよ。
そうするともう大丈夫!
ちゃんとギター抱えなおして、ピックとスコア持ってきて。

ギターはじめてて本当によかったって最近よく思うんだ。

昨日は夜からまりなっちとレッスンだったんだけど、
ギターはじめてから、もうだいたい5ヶ月経ったんだよ!
早いよね~!
誰かと一緒に弾くのって、それだけでわくわくするし、
ましてや好きな友人とだったら尚更。
いっぱい笑って、疲れてたのなんか忘れて、
一人になった帰り道では心の中でずっと曲が響いてた。

浮上したのがはっきり分かった。

友達。それから音楽
ちょっとずつ広がっていく世界。
自由になっていく体。
どんなにしんどい時でも、まっすぐに〝大切なものがある〟って言える喜び。

そういうものが、私がギターをはじめて貰ったもの。

これまでは、本でもなんでも「好きなこと=仕事」になっちゃってたから
そっから離れて頭を切り替えたい時には、何をしたらいいか正直苦しかったけど
仕事とは違う、肩の力抜いて楽しめるフィールドを別にもったおかげで
〝ここに来れば素になれる〟っていう場所ができたんだよね。

もう5ヶ月経ったって言っても、まぁ毎日触ってるって状況からは程遠いから、
うまくなってるかどうかは全然分からんのだけど(笑)
多分、今はやっと「こう弾きたいな!」っていう気持ちを持てる位の『入口』に、
自分の足でちゃんと立てるようになったって感じかな。
何気なく曲を聴くときも、聴くところがなんか変わってきてるし。
もっと弾けるようになったら、さらにずっと世界が広がっていくんだと思う。
好きな曲を楽しんで弾けるようになったらいいな~!
(くどいようですが、初心者仲間、随時募集中です☆☆)

ギターをはじめて、
音もコトバも限りなく自由なんだってことを、切ないほど感じるようになったんだよ。
その自由さに、私が勝手に制約をかけているの。
今の私が持っている〝広がり〟、それ以上のものは絶対に生みだせないから。

だけど嬉しくもあるんだよ。
私がいくら努力しても「これ以上はもうダメだ!」って時がいつか訪れても
その先には空のように圧倒的な自由さが広がってる。
ひとがどんなに背伸びしたって、空の果てに手を触れることなんて出来ないんだ。
だからこそ、時には地面に寝転がるような気持ちで空を見上げることができるんだ。
ぽかんとして……きれいだよなぁって
私は何を小さなことでもがこうとしてるのかなぁって。
そして、「だったら私なりの空を描こう!」って思えるんだ。
それしかないし!(笑)

別なフィールドを持ってみてはじめて、その広がりに、素直に憧れられるようになったこと。
自分の中ではけっこう大きいんだ。
スコアで出てくる「add9」は、コードにルートの9thを足すこと。
それだけで、これまであると思っていた天井が外れて
途端にぽかんとした空が広がる!
最近とても気に入ってる。

ギター、こんな好きになると思わなかったな。
まだまだ好きになるんだろうけど!
最近は、
いちばん気に入ってる紫のピック、意味もなくいつも持ち歩いてるんだよ。
絶対に欠かせないアクセサリーと同じように。
それだけでちょっと勇気が出るというか……嬉しいんだ(笑)

ではまたね!


相棒は〝Gibson SG〟 [ギター]

さて、今日は報告!
9月入ってから時々ギターギターって騒いできたけど
とうとうGETしちゃいました!!!
相棒っスよ。
黒くてツヤツヤしたかわいいやつッスよ!




Gibson USAのSGモデル【LTD.SG SP-FADED EB】っていうやつ。
御茶ノ水を何軒か回って、駅近くにある「黒澤楽器店」で
グッときた店頭割引の価格的にもヴィジュアル的にも〝もうこれでしょう!〟な出会い
手元に携帯しかなくて全身が撮れなかったので 
全身はコチラでどうぞ。
↑これはチェリーって色味なんだけど、私のはこれの限定版ブラック

黒なんだけど、エナメル質感じゃなくて、ネックにもボディにも木の質感が生かされてる。
音がやわらかくってよく響いて、すごく気持ちいいんだよ!
まだアンプが買えてないから、生で弾いてる分には、
こんなナチュラルな質感&響きでほんとにエレキ?って感じさえしてくるよ。
アンプも早く見つけてきたい!!

そして、相棒が来たので、まりなから借りてたSGくんとはお別れ。
今日のレッスンで別れを告げて(今までホントにありがとう~!!)
次回からは、自分の相棒とのレッスンになりますっ。

ちなみに今夜は「ダイアトニックコード」について徹底的に教わってきた……。
ちょっとここからは、今の私にはさっぱりうまく説明出来ません(泣)
なので覚悟して!

とにかく、ドミソシ・レファラド、のように
音符を重ならないように上に重ねた4つの音(まりないわく「だんご4兄弟」……古っ☆)の和音。
今日はCをTONICコードとしたメジャースケールをやってきました。
なんていうか、今までやっていた3度・5度の音に「7th」が入ったとたんに
オッサレ~な感じになってくるのね。

面白かったのは、今日いろいろ聞かせてもらった話。

メジャースケールのなかに「G7」っていうソを基盤としたコードが出てくるんだけど
その音が来ると「Cメジャー7に戻りたくなる」響きなんだって。
で、実演。
……確かに!!2回繰り返すサビの1回目ラストがこの音だったりする!
ああ、もう一回サビに戻りたい~っみたいな感じ!!
これはアレ。「起立~、礼~、着席~!」の♪チャ―ン、チャーン、チャーン~♪だよっ!!
(わかる?わかるよね?)
着地地点を変えるならこっちのコードって、
他にもちょこっとずついろんな曲パターンも弾いてくれたけど、
なんか、ほんとにうまい具合に成り立ってるもんやねぇ。

ひとつひとつのコードが、独自の「性質」とか「使命」を持ってて
それが組み合わせ次第でどんどん生かされたり豊かになったりしていく、
そういうの好き。
もっともっと知りたくなる。

相棒、これからだね。
ぼちぼち練習してこうねー!

ちなみに!黒澤楽器店は店員さんがとても親切で、
張り替え用の弦とピック4種類もオマケでつけてくれたよ!


ハーモニクス [ギター]

こんばんは!今日は久しぶりに早く帰ってきたよ。
先週末から今週にかけて、イレギュラーな仕事や打ち合わせがあったので、
なんていうか、数日あんまりまともに寝てない。
でも!今日こそはちゃんと睡眠とる!今日ばかりは、「野望」じゃなく……「決意」!!

今日は、電車の中で譜面とノート広げて、思いついたことをあれこれスケッチ。
昨日の夜、作曲家の水野さんと打ち合わせがあって作詞2曲を持ち帰ってきたんだ。
今週末くらいまでに下地を上げて、水野さんからの直しを踏まえて、
来週のスタジオまでに一応の完成作を届けてあげたい感じ。

今回の歌詞は2曲とも、ゼロからではなくて「追加」の作業。
既に出来ている曲にメロディーを足して編曲し直すんだって。
実は私、ゼロから作るより、この作業の方がよっぽどニガテ!!
「広げたイメージを集約させて整える」作業をしてしまっていて、そこはもう完結しているから、
ここからどう展開する!?がテーマなんだよねぇ……。
けど、時間を空けてもう一度こうして出会うと、ちっちゃなひとり遊びが楽しめます。
メロディーから思い起こされるコトバをノートに書きとめていくんだけどね、
第1感はやっぱり、最初に作った(もしくは没にした)言葉だったりするのよ。意識のトレース
だから「あれ?今のデジャヴュ?!」みたいな。
……デジャヴュごっこ(笑)
って、まずい。暗いよ!こんなひとり遊び!!
電車の中で譜面広げるシチュエーションを変えなっ!!

それにしても昨日は、水野さんが打ち合わせの前にたまたまギターを新しく買ってきていて、
「ギター!なんであるの!?これどうしたの?見せて!」って、もう俄然、興味津々。
水野さんの新しいギターはIbanez。
お店だというのにソフトケースから出してもらって即見せてもらいました(笑)
臙脂色のグラデーションがかかったワインレッド。
驚いたのは、ソフトケースの中に、ギターと一緒に傘が入っていたこと(笑)
雨降らなかったし濡れてないからさ、と笑ってたけど、私は心の中でかなりびっくりしたよ!?
やっぱり、水野さんにとっては音楽もギターも体の中に既に溶けているものだから
自分の身体と同じくらい、いい意味で無造作に扱えるものなのかな。
でも、もしかしてこれがギタリストの普通……??

私の中にも、音楽がそれくらい〝溶ける〟日は来るのかな。
生きていきたいな、そうやって。(いや、傘は入れないけど!!)

そして今日は自分のレッスン♪withまりなっち。親しみが湧いてきた彼女のSG-Xを借りて。

いつもチューニングからはじまるんだけど、
今日はチューナーを使わないチューニングを教えてもらったよ。
5弦をベースにして、それぞれのフレットから各弦の音を整えていく方法と
(これは全然出来ないけど)やっぱり5弦をベースにして
各弦の特定のフレットのハーモニクス同士を合わせていくことで音を整えていく方法。
ハーモニクスって、倍音のこと。(上手く説明できないから説明は省きますっ)
これがまたきれい!
まりなの手元で弾かれる弦自体の音と一緒に、弾いてはいないオクターブ上の音が響く。
今、大地に立っている私たちが、空にかかる虹同士を重ね合わせていく作業のよう。
目で見える耳で聴こえるもの以外に、幾重にも層が重なってできている、この世界。
そんな連想。

それからこの間からやっている運指の練習と、はじめてのコード!!〝Cメジャー〟。
指を運ぶことも(左手)、弾くことも(右手)、今はまだほんとに集中しなきゃできないから
弾いてる間は、とにかく頭の中に余計なことがなんにもないの。
だから弾き終わってギターをスタンドに戻すと、急に〝今〟が戻ってくる。
その瞬間の鮮やかさ。
かなりのリフレッシュ。あとからぐったり来るけどね~(笑)

では、「決意」達成のため、今日はここまで!
なんだか、ポカンとするくらい広い景色が観たい夜です。


夢中なもの! [ギター]

こんばんは!先月の本番からちょうど一ヶ月。あっという間に時間が過ぎてく!
輪郭がにじんだ下弦の月と夜のトンボ。
秋の大気。

この一ヶ月、新しい友達ができたり、やりたかったことを始められたり。
好きなものや曲が増えて、長い小説を読み出して。
ノートのページを捲って、大好きな写真や小さなイラスト、
心に留まった文章を、ラフにスクラップしていくように過ごした日々。
充電のゲージが満ちてきた!

今週は、特に時間過ぎるのが早いんだよ。
仕事のピークは先週で終わり。まっすぐ帰る日も比較的多かった。でもブログ書く暇はない。
なぜなら……、
まりなっちのギターGibson〝SG-X〟があったから!!!

今週最初、劇場行く前に2回目のレッスンをしてもらって
そのまま次のレッスン日まで貸してもらったんだ。
家にギターがあるって、毎日が変わる!
極端に言うと、仕事終わった瞬間からウキウキしてきます(笑)。まるでコドモ。
でもね、今はまだ何にもできなくて歯痒いんだよ。

2回目のレッスンは、まずはギター各部の名称を確認するところからはじまって、
前回の復習「○弦○フレットは何の音?」クイズ(→覚えるまでずっと続くよ!)。
そして〝音を出す〟へ。(注・まだ〝弾く〟にはなってません!!)
まずチューニング。これも初体験。ここからして難しい。
チューナーを使ったんだけど、なかなかグリーンにならない!
(センターのグリーンを目指して弦を張ったり緩めたりするの。)
イチバン難しいのは3弦。弦って、微妙な加減で全然音が変わるんだね。想像以上。
それから〝弾く〟への第一歩、〝パワーコード〟を教わりました。
これは、5度の関係の音を弾くコード。(で、いいのかな……?)
5弦C(ド)・4弦G(ソ)・3弦C(ド)とか。この関係性のまま動いていく。
これがねぇ。第一歩中の第一歩なんだけど、押さえるのからしてすごい苦労!
左手が、生まれてからやったことのない動きをさせられてる!イタイって。腕ねじれるって。
右手もギコチナイ。ピック持つのも、全然しっくりこない。
でも楽しいのだよー!
この一週間の目標は、〝慣れる&自分のやりやすいポジションを見つけること!〟。

そして今夜は、またまたあえかのライブがありました!at 目黒LIVE STATION。
もちろんギターは、ししょー青山まりな
ミュージシャンとしてのあえかをステージで見るのはこれで2回目だけど、今夜はとても充実!
落ち着いて貫禄が出てきたし、歌もぐっとぐっと深く、表情豊かになってきたよ。
聴き応えあった。心にちゃんと届いた。
でもやーっぱり変なヤツ。あんなにかわいいのに!
最初のMCが、電車で椅子の端に座ってて隣に立ったおじさんにくぐもった音のオナラをされた話。
なーんじゃそりゃ(笑)
あえかのそういう変なとこ含めて、あえかっていう唯一無二のキャラクターなんだよね。
皆に愛されてファンが増えてくといい!誰かの成長していく姿って、ほんとうに眩しい。
そしてギター!あえかの音に合わせて、アコースティック。
自分が触りだしたから判ったこと。音の響き、表現の優しさ。
どこにも力が入ってないように、触れるか触れないかの強さでピックが動く。
なのに表情が溢れてる。意思を感じる。
小さなライブハウスなのに、胸がひろがる。気持ちよかった!

頭で学ぶだけではなく、実際にやってみて身体を通して〝識っていくこと〟。
その大切さ。今さらながらに知ったよ!今までスルーしていたところが鮮やかに輝いていく。
もっと識ったら、もっと気付いていくんだろうな。それは、圧倒的な幸福。

今、手の中にあるなにもかもが〝識っていく〟途中にある気がする。
私、なんでもすぐに速くやりたがっちゃうんだけど、そのせいで喪いたくない。
ゆっくり、大切に磨いていきたいなぁ。テクニックも、好きだって気持ちも。

でもね、一ヶ月経ったら仕事しよって思ってたんだ……(笑)。
こっちもちゃんと動かなきゃね!


ギター! [ギター]

めずらしく昼の光を浴びながらPCに向ってます(笑)
今日は、いつ以来か判らないくらい久しぶりに〝予定がない〟一日♪
朝は、各チャンネルの選挙ニュース見ながらゆっくりコーヒー淹れました。
こういう日、ホントに貴重。実家の豆柴くん(名前は蒼太)観に行こうかな!

そうそう、PCを置いてるこの部屋、本とか資料だとか溢れてるんだけど
昨日の夜あたりから気合入れて片付けをしてます。
理由があるんですね~。
それもこれも、……ギター(←そのうち買う予定)を置いて弾けるエリアを作るため!!
ココ終わったら絶対やりたい!って思ってたのが、これです!
定期的に頻繁にどっか通うなんてムリだし、どうしたらできるんかなぁって考えてましたが
師匠(せんせい)とめぐり合えて、ついにスタート!

教えてくれることになったのは、あえかの紹介で知り合ったギタリスト、青山まりな。通称まりなっち。
私が観にいったあえかのライブで、彼女があえかと組んでやっていて、
上手さ、ラフな存在感がすごく印象的だったんだ。
話してみると、自由でざっくばらんでいい姐ちゃん!
もしかしてこれからやりたい!って思う人もいるかもしれないし(?)
自分のためにもレッスンリポート書きます。
まだ一回しか教わってないからさ、
なんていうか言葉遣いがめちゃくちゃ素人になると思うけど、ごめんね(笑)
経験者の方、温かいツッコミお待ちしてます。

最初は、〝どんなギターが弾きたい?〟というとこから、まりながいろんな音を聴かせてくれた。

ギブソンのレスポールタイプとSGタイプの中からそれぞれ。そしてエレアコ。
もう、全然音が違うことにただ本気でビックリ!なんてきれいな音なんだろうって思った。
彼女はこれをライブごとに使い分けてる。
例えば、あえかのサポートで弾く時はアコ。
音の深さといい太さといい、あえかのシンプルなエレクトーンに、温度ある芯を与えてくれる。
その中で、私が思うところのギター、やりたいのは「SGタイプ」の音だっていうことが分かってくる。
一本のギターでも、トーン調節によって、ピックアップの位置によって、全然音が違ってくるのを聴く。

さらに、ピックによって違ってくる音の変化。
聴いたのは三角のおにぎり形とレインドロップ型。厚さもハード・ミディアム・シンそれぞれ。
これがまた全然違うのだよ!
もちろんギターだってピックだって、他の種類や材質や、色々あると思うけれど
「弾き方」以前にこんなに違うだなんて!!気が遠くなるよ。
この中から自分のやりたいことや目指す音に向けてチョイスするんだねぇ~。
もう、茫洋として海みたい。ざざーん。

で、こっからいよいよ、超基礎部分!
なんていうの?……ドが「C」とか。音のアルファベット読み?(←絶対チガウ、これ!恥かしい~)
1弦から6弦まで、開放(一切おさえない)で弾くと、それぞれがなんの音かを教えてもらう。
1弦と6弦は、2オクターブ離れたE(ミ)。
そこから、半音ごとに並ぶ各フレットの音がなんにあたるかが判ってくる。
弦とフレットの関係は、ピアノの「全音」「半音」(黒鍵を挟むかどうか)の関係と同じ。
E(ミ)の音を持つ弦では、1フレットめがF(ファ)、3フレットめがG(ソ)。
A(ラ)の音を持つ弦では、2フレットめがB(シ)、3フレットめがC(ド)。
開放でEADGBEの音を持つそれぞれの弦は、
再び12フレットめで開放時の1オクターブ上の同じ音が並ぶ。
実際に一音ずつ弾いて音を聴きながら確認。
おお~。スゴイ!奥深い!!数学や哲学みたい!
どうしてどういうことでこうなってるのかよくわからないけど、ひたすら感心。
やっていけばいくほど、「つくづくよく出来てるなぁ」って深くはまっていきそう!

↑ギター触ったことない人は、なんのことか全然よくわからないよね。
でも、一回でよくちゃんと入ったと思わない?
それほどガッチリ教えてくれたんよ!!!
「6弦8フレットは?」
「えっと、6弦がミの音だから……ド。ドは、……ラがAだったから、C?」
「まず頭の中で、Aから数えるのやめよう。〝ド=C〟ね。じゃあ、次いくよ!」

……ほんと、いい師匠(せんせい)デス。
次回もすっごい楽しみ(笑)。

濃くて新鮮で楽しい時間でした!
仕事とか他のことで時間かかるかもしれないけど、自分のペースでやってきたいな。
ギターのこと、めちゃくちゃ好きになっていきたいな。

弾いてくれてるまりなの指見てて、なんか好きだなぁって思って気づいた。
水野さんとかほかの友人。そっか、「ギター弾くひとの指」なんだ。
いつかワトソンくんになったとき、「ギター弾くひとの指」は見分けられそうだよ!!(笑)
      ↑ こちらも、スカウト熱烈大募集中です!ホームズさん、お待ちしてます☆


ギター ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。