So-net無料ブログ作成

2015年 今後の舞台予定 [舞台]

2015年 今後の舞台予定をお知らせいたします。
********************************************************************

ホリプロ「夜想曲集」(脚本)

原作:カズオ・イシグロ
演出:小川絵梨子

5月11日(月)~5月24日(日) 天王洲 銀河劇場
5月30日(土)・31日(日)   梅田芸術劇場
6月4日(木) アステールプラザ大ホール
6月8日(月) 富山県民会館

公式HP
http://hpot.jp/stage/nocturnes

********************************************************************

グループる・ばる「蜜柑とユウウツ-茨木のり子異聞-」(脚本)

演出:マキノノゾミ

6月5日(金)~7日(日) 能登演劇堂
6月12日(金)~21日(日) 東京芸術劇場シアターイースト
6月23日(火)  穂の国とよはし芸術劇場PLAT
6月30日(火)  川西町フレンドリープラザ
7月2日(木)  大阪狭山市文化会館SAYAKAホール
7月3日(金)  長久手市文化の家
7月5日(日)  吹田市文化会館メイシアター

ほか

公式HP
http://www.lebal.jp/

********************************************************************

兵庫県立ピッコロ劇団「当世極楽気質」(脚本)

演出:上村聡史(文学座)

9月30日(水)~10月4日(日) ピッコロシアター大ホール

公式HP
http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/

********************************************************************

てがみ座「地を渡る舟」(脚本)

第58回岸田戯曲賞ノミネート・第17回鶴屋南北戯曲賞ノミネート作、待望の再演!

演出:扇田拓也

10月23日(金)~11月1日(日) 東京芸術劇場シアターイースト

てがみ座HP
http://tegamiza.net

********************************************************************

お問い合わせ:info☆tegamiza.net(☆を@に変えてください)

どうぞよろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『夜想曲集』稽古中&る・ばる執筆中 [舞台]

こんばんは。ブログ、随分と時間が空いてしまいました。
4月1日から本格的に始まった「夜想曲集」の稽古場、
この一週間、演出の小川絵梨子さんを中心に
俳優の皆さんとテキストを深く深く探っていっています。
この作品は、カズオ・イシグロさんの5編からなる短編集『夜想曲集』から
『老歌手』『夜想曲集』『チェリスト』の3編を選び舞台として立ち上げています。
世界初演。
もともと、カズオ・イシグロさんの作品は好きで様々読んでいましたが
なかでもこの『夜想曲集』は、
静かだけれどほんとうにいろんな感情が揺さぶられる作品です。
自分自身の夢や、「才能」という不確かなもの、
そして誰かを愛すること……。
様々な思いが、音楽という媒体を通して浮かび上がってきます。
戯曲化するときには、原作の世界を壊さないように、
さらに舞台ならではの良さを存分に出せるよう、心を込めて編んでいきました。
今、稽古場では登場人物たちがどんどん立体的になっていく最中です。
絵梨子さんの熱い言葉が、稽古場を突き動かしています。
言葉にはなっていない感情、隠された襞、
どれほどの熱と炎がそこにあるのか。
稽古はこれからいよいよ立ち稽古に移っていく段階です。
音楽や美術、舞台のための各セクションもこれから目に見える形で立ち上がっていきます。
できるだけ遠くへ到達できるよう虎視眈々と今を重ねている、そんな時間。
エネルギーに充ちて、わくわくする稽古場です。

[ぴかぴか(新しい)]
ホリプロ「夜想曲集」
2015年5月11日(月)~24日(日)
天王洲 銀河劇場 ほか
[ぴかぴか(新しい)]



それからもう一つ、『夜想曲集』の稽古場に通いながら
目下私がやることは、る・ばる『蜜柑とユウウツ-茨木のり子異聞-』のリライト。
第一稿を提出し、昨日、演出のマキノノゾミさんをはじめ
る・ばるの松金よね子さん・田岡美也子さんも加わってくださって
(岡本麗さんは旅公演中です!)
初稿のフィードバックをいただきました。
これから、改訂稿への旅に踏み出していきます。

こちらはまだまだこれから!やー、はてしない。
けれどいつも、第一稿を書き上がった後は「さあ、ここからだ」という思いになります。
霧の中を手探りで進むように書き上げた第一稿、
そこからやっと自由になって、
今描こうとしている土地の地形であったり広さであったり
どこにどんな美味しい果実が潜んでいるのか、
どこに道を塞ぐ石が転がっているのか、
空の色、風の手触り、いろんなことが鮮明になってきます。
鳥の目というのかな……ちょっと俯瞰した目で脚本を読み直していけます。
(ほんとうは、最初からそれができなきゃいけないんだろうと思うのですが)

これは、今まで自分が書いたことのないような作品で
私にとってもたくさんの挑戦が詰まっています。
でも茨木のり子さんの人生と作品を取り扱う以上、
自分の中で信じていることは確かにあります。
願うのは、この作品のラストシーンで、今は亡き茨木のり子さんが微笑んでくださること。
そして、お客さまの心に
もういない人が手を振ってくれる、そんな明るさと切なさとがじんわり充ちること。

私の人生経験は、まだ37年分しか無くて
それ以上でも以下でもないちっぽけなもので、
それでも、マキノノゾミさんとグループる・ばるの皆さんがいてくださるから
私の中に眠っているドアを「もっともっと」と叩いてくださいます。
これまで手を伸ばしてこなかったところへ触れたいと願わせてくれます。
開くはず。上がれるはず。
そう言い聞かせて、びゅうびゅう風に吹かれながら
鳥の目で、改めて第一稿を見直していきます。

[ぴかぴか(新しい)]
グループる・ばる「蜜柑とユウウユー茨木のり子異聞ー」
2015年6月12日(金)~21日(日)
東京芸術劇場 シアターイースト
[ぴかぴか(新しい)]



それにしても
『夜想曲集』の稽古場も、る・ばるのフィードバックの場も
教えていただくこと、心に沁みることがたくさんあります。
演出の熱、俳優の力、スタッフのチームワーク。
その深い洞察、目指す景色に胸を突かれることもしばしば。
書きながら、行動しながら、吸収していかないとと思わせられる日々。
お願いだから、実践の中で少しでも学んでちょうだい、私よ。

そして机の周りには、今直しに向かっている茨木のり子さんの本や資料のほかに
坪内逍遙とシェイクスピア関連の本も山積みで。
実はこれは、9月末から上演されるとある書き下ろし舞台の資料なのですが
(詳細はまた追って!)
る・ばるの直しが終わったら、こちらの執筆に入っていくことになっています。
6月末までに書き上げる目標なのですが、、、あと2ヶ月ないのです。
まだ全然、戯曲を書くための物語の構築のうんと手前、下調べ中です。
私、書くのがそんなに早いほうではなくて、
(下調べの時期を抜かして)書き始めてから一ヶ月半はみないとならないので
5月は『夜想曲集』本番となるし、る・ばるの方も毎日稽古となるので
どうやって書いていくか。
しかもこれは自分にとっては巨大な山なんです……これまで登ったことがないくらいの。
今の私じゃ、いろいろ足りません。
(ちなみにこれまで一番長かった執筆期間は『終の楽園』でした。
書き直しも入れて、四ヶ月かかりました……)

「怖い」なんて躊躇している暇はないから、思いつく準備をやっていくしかありません。
別のエンジンが掛かっているうちに、ぐぐっとこの新作への準備も進めたいです。
ぎゅぎゅっと濃い四月。

深呼吸。

四月中旬は、井上ひさし先生の「吉里吉里忌」で山形に行って
茨木のり子さんのお墓参りもしてきます。
はじめての山形。
深呼吸してきます。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『汽水域』NHKプレミアムステージ放映決定 [演劇ユニットてがみ座]

てがみ座 最新作『汽水域』が3/2 NHKプレミアムステージにて放映が決定しました。
また続けて、長田育恵が2014年夏に文学座アトリエに書き下ろした『終の楽園』もアンコール放映が決定しました。
長田書き下ろし作による二本立てのプレミアムステージ、ともにお楽しみください!

3/2(月)0:00~ NHK BS (※日曜の深夜)
『汽水域』
http://www4.nhk.or.jp/p-stage/x/2015-03-01/10/15751/

(以下、サイトより転載)
【脚本】長田育恵
【演出】扇田拓也
【出演】佐藤誓,大西多摩恵,箱田暁史,橋本昭博,廻飛呂男,福田温子,中村シユン,金松彩夏,中田春介,笠木誠,石村みか

今月のプレミアムステージは、「汽水域」。
海水と淡水がまじりあう場所。自らのルーツをもとめて、日本へ向かう潮流に乗る。今の自分は何者なのか?汽水域からアジアを見渡して見えたものは!
フィリピンの汽水域にある小さな村で暮らす日系人家族。父と兄弟は互いに反発しあいながらひかれあいながら自らの生き方を模索していく。劇作家、長田育恵の書き下ろし作品。

てがみ座『汽水域』特設サイト
http://www.tegamiza.net/take14/

☆アンコール放映(『汽水域』放映後からスタート)
『終の楽園』
【脚本】長田育恵
【演出】鵜山 仁
文学座 特設HP
http://www.bungakuza.com/tsuinorakuen/


***
と、ここまでは、お知らせで。

でも今は毎日、新作を書いている最中なので、
こんなふうに放映していただけることに心臓がばくばくします。
毎日がほんとうに真っ暗な中を手探りで進む&固い岩盤を小さい釘で削って進むような心境で、
脱獄囚とかトンネル掘りに従事する人と苦労を分かち合えそうな感じですが
こうして、劇場にお越しくださった以外のお客さまにもご覧いただける機会をいただくことは
素直に、とても嬉しいです。
てがみ座にとってもはじめての劇場中継です。
舞台の感触に触れていただけたら、幸いです!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。